この質問に対する答えは、 ネガティブなもの。ただし、ビザ申請のために航空券を提供する必要があります。この記事では、実際の航空券を予約せずにこの要件を満たす方法の概要を説明します。特に、毎月 30,000 件以上のビザを処理してきた豊富な経験に基づいて、 当社の顧客の 30% 以上が、ビザ申請が承認される前に航空券を購入しています。

ウェブサイトやビザガイドラインを正式に更新していない場合でも、多くの大使館はこの慣行を認識しており、この要件に関して柔軟であることに注意することが重要です。ほとんどの場合、 ビザ申請用の航空旅程表、または入国審査場で提示された旅程表でも、ビザの要件を満たすのに十分です。

航空券を予約せずにビザを取得するにはどうすればよいですか?航空券の予約後にビザが拒否された場合はどうなりますか?

を提出するオプションがあります ビザ申請のためのフライトの旅程 実際のものを購入する代わりに 全額支払った航空券。 このアプローチにより、ビザ申請が拒否された場合でも資金を保護することができます。フライト旅程の提供を提供するオンライン サービスは数多くありますが、当社が自社の顧客に頻繁に使用するサービスの 1 つが FlightGen アプリです。

カバーレターを作成するときは、必ず「」という行を含めてください。ビザ担当者からの航空券の旅程。ビザが承認されたら、同じものが発券されます" カバーレターの作成には BlinkDocs アプリを使用します。

フライト旅程を作成するための推奨方法は、FlightGen アプリを使用することです。 実際の航空券を予約するプロセスをシミュレートするためです。これにより、ビザが承認された場合に最も利用する可能性が高いフライトを選択することができます。また、優先通貨を選択する柔軟性も提供します。 米ドルだけに依存するわけではありません。

あるいは、全額返金可能な航空券を購入することもできますが、これは比較的高価であり、返金を受ける際にいくつかの困難が伴う可能性があります。状況によっては、旅行の証明として複数の航空券が必要になる場合もあります。これが理由です 15 ドルで無制限のフライト旅程を作成できる機能を提供する FlightGen などのサービスをお勧めします。

航空券をビザ取得前に予約するか取得後に予約するかは、お客様の具体的な状況によって異なります。ビザを確保できる自信がある場合は、最初に航空券を予約するのが合理的かもしれません。ただし、ビザの承認に不安がある場合は、まずビザを申請し、許可されるまで待ってから航空券を予約することをお勧めします。このアプローチにより、後でビザが拒否された場合でも、不必要な飛行機代でお金を無駄にすることがなくなります。

いつ帰国するか分かりませんが、領事館は往復の航空券を提示するよう要求しています。それで?

ここで説明したようなシナリオでは、FlightGen アプリを利用できます。このアプリを使用すると、暫定的な帰国日を指定した一時的なフライト旅程を取得できます (この日付が予定されている滞在期間を超えていることを確認してください)。この一時的な旅程をビザ申請に使用できます。ビザが承認されたら、準備ができたときに実際のフライトを予約することができる柔軟性が得られます。アンナ・エミリアさんが示唆するように、このアプローチにより、ビザの取得後に旅行計画を最終決定する自由を維持しながら、ビザの要件を満たすことができます。

航空券の購入にはビザが必要ですか?

ビザがなくても航空券を予約することは可能ですが、多くの大使館が推奨していないため、一般的には推奨されません。彼らは、たとえ有効な航空券を持っていたとしても、ビザ申請が拒否された場合に生じる損失については責任を負わないことをよく強調します。航空会社は、フライトへの搭乗を許可する前に、目的地までの有効なビザの取得を要求する場合もあります。一般に、到着時に目的地への入国が拒否されたり、複雑な事態を避けるために、フライトを予約する前にビザを確保することをお勧めします。。他の旅行者からのこのアドバイスを考慮してください。

ビザを待っている間に航空券を購入することをお勧めしますか?

ビザを取得する前に航空券を予約するかどうかは、あなたの身元、求めている特定の国のビザ、ビザの承認に対する自信など、さまざまな要因によって決まります。

ビザが発給されることが比較的確実で、ビザの要件に航空券の提示が含まれている場合は、事前に航空券を予約するのが合理的かもしれません。一部のビザでは旅行計画の証拠が求められますが、航空券を持っていることでその証明が得られます。

ただし、申請者が本当に旅行するつもりであるという証拠がなければ、必ずしもビザが発給されるわけではありません。ビザが承認される可能性が不明な場合は、航空券を予約する前にビザが承認されるまで待つことをお勧めします。このアプローチは、ビザ申請が拒否された場合に払い戻し不可の航空券でお金を失うリスクを回避するのに役立ちます。

フレキシブルではないビジネスクラスの航空券は、通常、フレキシブルなエコノミークラスの航空券よりも高価であることに注意することが重要です。柔軟性のないチケットには、少額の管理手数料で払い戻しができるという利点が付いていることがよくあります。こうすることで、旅行に行けないことが判明したり、ビザが拒否された場合でも、航空券代全額ではなく、管理費のみを支払うことになります。

もう 1 つのオプションは、チケットが最小限のコストで簡単に変更できるクラスにあることを確認することです。ビザ申請が拒否された場合は、クラスを「フレキシブル」クラスに変更し、1 ~ 2 日以内にキャンセルすることができます。

要約すると、ビザ取得前または取得後に航空券を予約するかどうかは、個々の状況、ビザの要件、およびビザ取得に対する自信のレベルによって異なります。ビザが拒否された場合、航空券の予約に関連する潜在的なリスクと費用を考慮することが重要です。

ビザ目的で PNR でダミーの航空券を予約しても問題ありませんか?

いいえ。 実際、私たちの顧客の多くは、その際に大使館が次の理由でビザを拒否したため、最悪の経験をしました。 偽造書類。 最善のアプローチは正直であることです。カバーレターで、フライトの旅程を提出し、ビザが承認されたら航空券を発券することを宣言する必要があります。最悪の場合、実際の航空券の提出や、同様の資金の証明の提出を求められる場合があります。

これは、一時的または偽の PNR を提出して、それをオリジナルとして渡そうとしたために逮捕されるよりもはるかに優れています。

ダミーの航空券を使ってシェンゲンビザを申請することは合法ですか?

いいえ。シェンゲンビザを申請する際にダミーの航空券を使用してはなりませんが、航空券の旅程を使用することはまったく問題ありません。 シェンゲンビザ。実際、領事館はすべてのビザ申請者に対し、ビザが承認される前に航空券を予約しないよう奨励しています。 彼らはいかなる損失についても責任を負いません。

はい。大使館はビザ申請用の航空旅程を受け付けていますが、場合によっては、ビザ申請者にビザが承認された後にのみ航空券を購入するよう推奨することもあります。通過ビザを申請する場合はこの限りではありません。 全額支払われた航空券 あなたのこれからの旅のために。

航空会社から直接、予定の出発日とルートを明確に示した、確認メールまたは予定のフライト旅程を印刷したウェブサイトのスクリーンショットを提供してください。 ビザが承認されるまで航空券を購入しないことを強くお勧めします。

シェンゲン協定国への入国と出国を指定した日付と便名を含む往復予約または旅程。一部のシェンゲン協定当局は、ビザ申請時に旅程を受け入れますが、ビザの受け取り時に航空券の原本を要求します。

VFSグローバル & スペイン領事館

入国管理官にビザを提示するための旅行旅程を無料で入手できますか?

FlightGen アプリを使用して、フライト旅程を約 10 ドルで購入するオプションもあります。同乗者と一緒にご旅行の場合は、 FlightGen アプリ.

さらに、2023 年の時点で、FlightGen は以下を提供する優れた取引を提供しています。 無限の 24 時間のフライトの旅程を 15 ドルで購入できます。このオファーは、複数の旅程を作成したり、計画を調整したりする必要がある旅行者にとって特に有益です。

このようなサービスの可用性と条件は時間の経過とともに変更される可能性があるため、最新の情報と価格についてはアプリまたはサービスに直接確認することをお勧めします。