キーワード : 突然変異、権利記録、サークル役員、カルマチャリ、ライヤット、収入村、ジャマバンディ

前文: – 土地の突然変異のプロセスを規制し、それを現代のニーズに適合させることを規定する法律。インド共和国建国62年にビハール州議会によって次のように制定された。

第 1 章

予備1. 短いタイトル、内容、開始。 – (1) この法律は、2011 年ビハール州土地突然変異法と呼ばれることがあります。(2) この法律は、ビハール州全体に適用されるものとします。(3) この法律は、政府によって通知された日に発効するものとします。 ビハール州官報.2. 定義 – この法律では、主題または文脈に不快なものがない限り、次のとおりです。

(1) "突然変異" 以下の手段/手段のいずれかによる、保有物またはその一部の人の権利の移転を理由とした、連続ハティアン、テナント台帳およびケスラ登録簿の記載事項の変更を意味します。

(a) 販売、購入、ギフト、

(b) 交換、

(c) 保有株式の分割、

(d) 無遺言または遺言による相続/承継、

(e) ウィル、

(f) 1908 年の民事訴訟法に基づく裁判所の命令/法令

(g) 2009 年ビハール州土地紛争解決法に基づく裁判所の命令/法令

(h) 管轄当局による公共用地の決済/移転/譲渡、

(i) 1894 年土地収用法に基づく取得

(j) 1954 年のビハール・ブフーダン・ヤグナ法に基づいて付与された土地、

(k) 1947 年のビハール特権者ホームステッド借地法に基づくホームステッドの定住

(l) 2010 年の購入政策に基づくマハダリット家族のためのライヤティ土地の三者購入、

(m) 1951 年のコシ地区 (ライヤットへの土地の回復) 法に基づく旧ラヤットへの土地の回復、

(n) 1894 年土地収用法に基づく旧ライヤットへの土地の回復。

(o) 1961 年のビハール州土地改革法 (天井面積の固定と余剰土地の取得) に基づく余剰土地の決済、または

(p) 政府が随時通知するその他の手段/手段。

(2) 「権利記録」 1885 年ビハール州借地法第 X 章に基づいて最終的に発行された最新の権利記録を意味します。

(3) 「連続ハティアン」 最後に最終的に公開された権利記録以降、保有物またはその一部に属する人の権利の変更を反映して、所定の形式で維持されている更新された権利記録を意味します。

(4) 「入居者台帳」 収入村のさまざまなテナントが所有する土地の詳細と、その収入村のさまざまなテナントが所有する土地に基づく地代とセスの年間需要、およびテナントから毎年実現される地代とセスを示す、所定の形式で維持されている村ごとの収入台帳を意味します。

(5) 「所管官庁」 関連する法律/規則/マニュアルに基づいて、公共の土地の決済/移転/割り当てを許可された当局を意味します。

(6) 「サークル役員」 政府によって任命された役員、または本法に基づくサークル役員の職務のすべてまたは一部を遂行するよう政府によって通知されたその他の役員を意味します。

(7) 「土地改革副徴収官」 政府によって任命された役員、または本法に基づく土地改革副徴収官の職務の全部または一部を遂行するよう政府によって通知されたその他の役員を意味します。

(8) "コレクタ" 地区のコレクターを意味します。

(9) 「追加コレクター」 地区の追加徴収人、または本法に基づく追加徴収人の職務の全部または一部を遂行するよう政府から通知されたその他の役人を意味します。

(10) 「カルマチャリ」 地区の徴収者によってそのように任命された従業員、または本法に基づくハルカのカルマチャリの機能のすべてまたは一部を遂行するよう徴収者から通知されたその他の従業員を意味します。

(11) 「サークルインスペクター」 政府によって任命された役員、または本法に基づくサークルのサークル検査員の職務のすべてまたは一部を遂行するよう政府によって通知されたその他の役員を意味します。

(12) 「ハルカ」 カルマチャリの行政管理下にある歳入行政の最小行政単位を意味します。

(13) "テナント" 1885 年のビハール州借地法によって割り当てられたのと同じ意味を暗示します。

(14) "ホールディング" ライヤートが所有し、別個の借地権の対象となる土地の区画を意味します。

(15) 「ライヤット」 1885 年のビハール州借地法によって割り当てられたのと同じ意味を暗示します。

(16) 「登録済み」 1908 年インド登録法に基づいて登録された文書を意味します。

(17) 「登録機関」 1908 年インド登録法に基づく登録機関を意味します。

(18) 「訂正票」 継続カティアン、テナント台帳登録簿、およびケスラ登録簿の命令に従って変更を行うために、サークル役員が保有物またはその一部を変更する命令を受領した後、所定の形式でサークル役員が発行した伝票を意味します。

(19) "所定" この法律に基づいて制定された規則で定められた意味を指します。

(20) "形" この法律に基づいて制定された規則で定められた様式を意味します。

(21) 「ケスラ・レジスター」 収益村のテナントとともに区画の詳細を示す、所定の形式で維持される登録簿を意味します。

(22) 「突然変異請願登録簿」 サークル役員の前に提出された突然変異の申請が登録される、所定の形式で維持される登録簿を意味します。

(23) 「突然変異登録」 サークル役員による突然変異の命令が入力される、所定の形式で維持される登録簿を意味します。

(24) 「収益村」 別の収入タナ番号を持つ収入村として通知された村を意味します。

(25) "政府" ビハール州政府を意味します。

(26) 「ジャマバンディ」 テナント台帳のすべてのテナントに割り当てられたページを示す番号を意味し、テナントの詳細情報の入力、賃料の請求と徴収が行われます。

[26(A) 「ジャマバンディ登録」 – ジャマバンディ登録簿は、関連する収入村の土地を所有/所有するそのようなライヤットの登録簿です。このような登記簿には、ハタ、ケシュラ、面積、境界、地代など​​の土地のさまざまな詳細が入力され、そのような土地を耕作します。そのような土地で耕作する代わりに、ジャマバンディ登録簿の記載に従って地代を支払わなければなりません。したがって、ジャマバンディ登記簿は、ジャマバンディ登記簿ライヤットと土地の所有者(州政府)との間の地代の交換を示す重要な登記簿である。]

(27) 「公有地」 1954 年のビハール州公有地侵害法に基づいて公有地として定義された土地を意味します

第 2 章

突然変異請願の提出プロセス3. 突然変異の申請の提出。 – (1) 何らかの手段/手段によって保有物またはその一部の権益を取得した者は、当該権益の取得から 90 日以内に、所定の様式で、保有物が管轄する地域のサークル役員に嘆願書を提出しなければならない。またはその一部が、連続ハティアン、テナント台帳およびケスラ登録簿の所有物またはその一部に関して、彼の名前の変更のために位置しています。[(1A) 土地の権益を取得した日から最大 90 日以内に変更申請が提出されない場合には、所定の用紙に変更申請の提出遅延の理由を記載した変更申請を同封する。 。遅延寛容申請書が突然変異申請書に同封されている場合、サークル役員はその本案に基づいてそのようなケースを決定します。(1B) オンライン突然変異申請は、土地譲渡証書の登録後、Web サイトおよび登録事務所を通じて受け付けられます。そのような情報に基づいて、通知されたアンシャルのサークル役員は、オンラインプロセスに基づいて突然変異のケースを処理します。][(2) 裁判所によるか否か、州間相続または遺言によるかを問わず、売却、贈与、交換、分割によって所有物またはその一部の権益を取得する者は、遺言により、国家のさまざまな部門/理事会および法人によって取得される土地。登録証書(永久賃貸借条件に基づく)による州政府、管轄当局による公有地の和解/譲渡/譲渡、ブフーダン・ヤグナ・サミティによる土地の付与、1947年のビハール特権者ホームステッド借家法に基づく借地権の付与、 1885年ビハール借地法に基づくライヤットに基づく占有権の取得、1894年土地収用法に基づく旧ラヤットへの所有権またはその一部の回復、1894年土地収用法に基づく旧ラヤットへの所有権またはその一部の回復、 2013 年、土地収用、修復および再定住法における公正な補償と透明性に対する権利、2013 年 (RFCTLARR 法、1956 年)、2008 年の国道法および 2010 年の鉄道 (特別) 法、宅地購入政策に基づいて購入された住宅用地1951 年に住居のないマハダリット家族のためのライヤティの土地、1961 年のコシ地域法(ライヤットへの土地の回復)法に基づく旧ライヤットへの所有権またはその一部の回復、剰余金の決済およびビハール州土地改革(天井面積の固定と土地の固定)に基づくXNUMX 年余剰土地取得法、裁判所の命令/政令、または政府が通知したその他の譲渡手段/文書は、その所有物またはその一部に関して所定の方法で氏名の変更を申請することができます。継続的ハティアン、テナント台帳登録簿/ジャマバンディ登録簿、およびケスラ登録簿内 所蔵品またはその一部が管轄区域内にあるサークル役員のオフィス内、または突然変異請願の受領のためにサークル役員が組織するキャンプ内エリア。](3) オフィスまたはキャンプで突然変異の申請を受領した場合、サークル役員は所定の方法で受領書を申請者に受領書として渡すものとします。[(3A) 土地の登録後、通知を受けたアンカールのサークル役員は、オンライン突然変異の承認を取得し、XNUMX 営業日以内に突然変異ケースの記録を開始します。サークル役員は、所定の形式で一般通知および特別通知を発行するものとします。一般的な通知と特別な通知を発行した後、サークル役員は突然変異の症例記録を廃棄するための所定の手順に従うものとします。(4) サークル役員は、サークル事務局に保管されている突然変異申請登録簿に各突然変異申請を受領順に登録させるものとします。(5) サークル役員は、所定の方法で個別の事件記録を作成させるものとします。それぞれの突然変異の嘆願書。

第 3 章

サークル役員に親密な権限を与える4. 保有物またはその一部に対する個人の権益の取得に関してサークル役員に通知する責任を負う当局。 – (1) 売買交換、分割、贈与、またはその他の保有またはその一部の譲渡方法による譲渡証書の登録が完了した後、登録当局はかかる登録の通知を行うものとする。所定の様式で登記証書のコピーを添えて、所蔵品またはその一部が所在する管轄地域のサークル役員に提出します。(2) 所蔵品またはその一部の占有が執行で引き渡された後裁判所の競売/売却において、判決保持者または買主に判決が与えられた場合、または 1908 年民事訴訟法または 2009 年ビハール州紛争解決法に基づいて分割に関する最終判決が可決された場合、その判決を執行する裁判所、または場合に応じて、分割の最終判決を可決した裁判所は、所定の書式でその事実を、所蔵またはその一部が管轄する地域のサークル役員に通知するものとする。(3) 当局、可決公有地の決済/移転/譲渡、1961 年のビハール土地改革法 (天井面積の固定と余剰土地の取得) 法に基づいて取得した土地の分配に関する最終命令、ビハール特権制度に基づく特権者への住宅敷地のパルチャ住宅地借家法、1947 年、住居のないマハダリット家族のためのライヤティ土地購入政策に基づいてマハダリット家族に住宅用地用の土地が与えられた、2010 年、ビハール州借地法に基づくライヤットに基づく占有権の付与、1885 年、 1951 年のコシ法(ライヤットへの土地の回復)法に基づく元ラヤットへの土地の譲渡は、その土地が所在する管轄区域のサークル役員に所定の形式で通知するものとする。(4) 土地の管轄役員Bhoodan Yajna Samiti は、1954 年のビハール州 Bhoodan Yajna Act に基づいて、その土地が所在する管轄区域のサークル役員に、Bhoodan Yajna Samiti によって付与された土地に関して、所定の形式で通知を行うものとします。(5) [1894 年土地収用法に基づく土地の取得を担当する当局 2013 年土地収用、修復および再定住法における公正な補償と透明性に対する権利 (RFCTLARR 法、2013 年) 1956 年国道法および鉄道 (特別法) ) 2008 年法は、その土地が所在する管轄区域のサークル役員に所定の形式でこの旨を通知するものとする。](6) [1894 年土地収用法に基づく旧ラヤットへの土地の回復に責任を負う当局、2013 年土地収用、修復および再定住法における公正な補償と透明性に対する権利 (RFCTLARR 法、2013 年)、1956 年国道法および鉄道 ( 2008 年特別) 法は、その土地が所在する管轄区域のサークル役員に所定の形式でこの旨を通知するものとします。](7) エリアのカルマチャリは、所定の方法で情報を入手し、所定の形式でサークル役員に、所有物または一部の分割、無遺言または遺言承継、またはその他の手段または手段による権益の取得の場合について情報を取得するものとします。 (8) 何らかの手段/手段によって保有物またはその一部の権益を取得した者は、その保有物またはその一部の権益の取得について、その保有物またはその一部が管轄する地域のサークル役員に通知するものとする。所定の方法で当該権益を取得してから 90 日以内にその権利が確定すること。

第 4 章

問い合わせ・報告5. 突然変異の場合の問い合わせと報告。 – (1) 保有物またはその一部の権益の取得について当局から変更の嘆願書を受け取ったとき、または保有物またはその一部の権益の取得が十分であるとサークル役員が確信している場合は suo motu についての示唆を受け取ったとき。突然変異を引き起こす場合、サークル役員は、カルマチャリおよびサークル検査官からの突然変異申請に関して所定の形式で詳細な調査報告書の提出を命令することにより突然変異手続きを開始し、その命令をカルマチャリに伝達させるものとする。 (2) 変異申請に関する調査命令を受け取った場合、カルマチャリは所定の方法で調査し、所定の様式で調査報告書をサークル調査員に提出するものとする。(3)カルマチャリから調査報告書を受け取った場合、サークル検査官はカルマチャリの調査報告書の真実性を検査し、その結果を所定の方法で勧告とともに記録するものとする。(4) サークル検査官はカルマチャリの調査報告書を提出するものとする。 (5) サークル役員がカルマチャリおよびサークル検査員の調査報告書に満足できない場合は、適切と思われる方法で自ら調査することができます。そして、所定の方法で発見結果を記録するものとします。

第 5 章

処分6. 突然変異のケースの処理。 – (1) サークル役員は、突然変異申請に関するカルマチャリおよびサークル検査官からの調査報告書を受け取ったとき、または本法第 5 条 (5) に基づく独自の調査に応じて、その後所定の方法で突然変異事件を処理するものとします。所定の方法で、保有物またはその一部に利害関係を有する者および一般の人々から異議を申し立てます。

(a) 彼のオフィスで開催される定期的な突然変異法廷、または

(b) 施設またはその一部が所在する地域の突然変異事件の処理のために組織されたキャンプ法廷において。(2) 異議を受け取った場合、サークル役員は関係当事者に証拠を提出するための合理的な機会を与えるものとする。 (3) 異議申し立ての最終日の満了後に異議が受理されなかった場合、サークル役員は異議を処分するものとする。 (4) 異議が受理された場合、当事者に審問の合理的な機会が与えられない限り、いかなる命令も可決されない。(5) 突然変異申請が却下された場合、サークル役員は、申請が拒否された理由を注文書に記録し、所定の方法で申請者に申請が拒否された理由を簡単に説明するものとします。 (6) 突然変異が許可された場合、サークル役員は、所定の形式で突然変異の命令を有効にするための訂正票を発行し、所定の方法で請願者に通知するものとします。(7) [カラマチャリは、訂正票に記載された変更命令を反映して、所有地またはその一部が所在する収入村の継続的なハティヤン、テナント台帳簿/ジャマバンディ登録簿およびケスラ登録簿の記載を変更するものとする。(8) [テナント台帳/ジャマバンディ登録簿の記載事項に加えられた変更に基づいて、カルマチャリは、年間の家賃要求と関連するジャマバンディの停止を変更するものとします。](9) 売買、贈与または交換による譲渡に基づく突然変異の主張は、登録されていない限り、認められないものとする。(10) 遺言に基づく突然変異の主張は、遺言書の検認がなされない限り、認められない。 (11) 裁判所または登録証書以外の分割に基づいて請求された変更は、共有者全員による分割の同意がない限り、許可されません。(12) 持分または株式の変更(13) 保有物またはその一部に関する権原訴訟が管轄裁判所で係属している場合、その一部は許可されないものとする。(XNUMX) 保有物またはその一部の変更は、権利の取得者がその権利を取得した場合には許可されない。保有物またはその一部に対する権益は、その保有物またはその一部に対する物理的所有権を有しません。

第 6 章

控訴と修正7. 控訴。 – (1) サークル役員の命令に対する上訴は、上訴された命令の日から 30 日以内に土地改革副徴収人に提出されるものとする。(2) 土地改革副徴収人は、提出の遅延を容認することができる。 (3) 土地改革副徴収官は、関係当事者に正当な機会が与えられていない限り、上訴された命令を変更、変更、または破棄する命令を可決してはならない。 (4) 突然変異に対する異議申し立ての処分の期限は、突然変異に対する異議申し立ての提出日から 30 営業日とする。8. 改訂。 – (1) この法律に基づく地区の徴収者/追加徴収者は、この法律に基づいて行われた命令または作成された規則の合法性または妥当性に関して、自分に代わって、または自分自身を満足させる目的で行われた申請に基づいて、行うことができます。これに基づき、役員または当局は、係属中または当該役員または当局によって処理される前に係争中のすべての事件の記録を求めて調査し、適切と判断した命令を可決するものとします。(2) 修正の申請は、徴収人/追加者の前に提出することができます。土地改革副徴収官の命令によって不利益を被った者は、当該命令の日から 30 日以内に当該地区の徴収官に処せられる。 (3) 徴収官/追加徴収官は、命令に対する修正申請の提出の遅れを容認することができる。 (4) 徴収者/追加徴収者は、関係者に事情聴取の合理的な機会が与えられていない限り、当局または職員の命令を変更、変更、または破棄する命令を可決してはならないものとします。 (5) 突然変異改訂申請の処分期限は、改訂申請の受領日から 30 営業日とする。

第 7 章

ジャマバンディの中止9. ジャマバンディの中止。 – (1) 追加コレクターは、要求または申請に基づいて、現時点で施行されている法律に違反して、または行政当局に違反して作成されたジャマバンディに関して調査を行う権限を有するものとします。これに代わって発行された指示。土地が所在する管轄権を有する追加収集者は、関係当事者に出頭し、証拠を提出し、審理を受ける合理的な機会を与えた後、かかるジャマバンディを取り消し、それに基づいて請求している人物を剥奪し、その所有物を正当な所有者に引き渡すことができます。 (2) ジャマバンディは、そのジャマバンディに利害関係を持つ当事者に合理的な機会を与えずに、サブセクション (1) に基づいて取り消されないものとします。 (3) ジャマバンディの土地またはその一部に利害関係を有する者は、その土地またはその一部が管轄区域にある追加徴収人に対し、所定の方法でジャマバンディの取消しを申請することができる。 (4) ジャマバンディの取り消しを求めて提出された請願書、または土地またはその一部に利害関係を有する政府省庁からの照会に基づいて、ジャマバンディの土地またはその一部がその管轄区域内にある追加収集者。 (5) ジャマバンディの土地またはその一部が管轄区域内にある追加収集者は、自らの調査の後、ジャマバンディに利害関係を有する者に通知を発行することにより、ジャマバンディの取消しの手続きを開始することができる。 (6)(a) 追加徴収人の命令に対する不服申し立ては、追加徴収人から 30 日以内に地区の徴収人に提出されるものとする。その命令に対して控訴した。

(b) 地区の徴収人は、遅延に十分な理由があると納得できる場合には、上訴の提出の遅延を容認することができる。

(c) 地区の徴収人は、関係者に聴聞の合理的な機会が与えられていない限り、上訴された命令を修正、変更、または破棄する命令を可決してはならない。(7)(a) 修正の申請を提出することができる。地区の徴収人の命令により不服を申し立てられた者は、当該命令の日から 30 日以内に当該地区の長官に提出する。

(b) 部門長官は、遅延に十分な理由があると確信できる場合には、修正申請の提出の遅延を容認することができる。

(c) 部門委員長は、この法律に基づいて行われた命令、またはそれに基づいて役員または当局によって行われた規則の合法性または妥当性に関して、これに代わって、または自分自身を満足させる目的で、自分に提出された申請に基づいて、次のことを要求することができます。係属中の事件、またはその役人または当局によって処理された事件の記録を調べ、適切と判断した命令を下す。

(d) 部門長官は、関係当事者に審理の合理的な機会が与えられていない限り、当局または職員の命令を変更、変更、または破棄する命令を可決してはならない。

第 8 章

Khata Pustikaの準備10. Khata Pustika の準備と料金の支払いに基づくテナントへの供給。 – (1) Khata Pustika は、収益村におけるテナントの保有に関して所定の方法で準備され、当該手数料の支払いに応じて、保有地が所在する管轄区域の Anchal Adhikari によって当該テナントに提供されるものとする。 (2) Khata Pustika には以下の詳細が含まれるものとする。

(i) テナントが保有する土地に関する連続ハティアンおよびテナントの台帳簿の関連抜粋、

(ii) 賃貸料と使用料の要求と実現、

(iii) 返済を伴う政府またはその他の金融機関による前払いローン。(3) Khata Pustika は、土地の変更のたびに、所定の方法で更新のため、テナントによって関係する Anchal Adhikari に提示されるものとする。

第 9 章

その他11. 要約手続き。 – この法律に基づくすべての手続きは略式手続きとなります。12. 通常の突然変異裁判所における突然変異事件の処理の期限。 – (1) 通常の突然変異裁判所における、異議が受理されなかった突然変異事件の処理期限は、突然変異申立ての受領日から 21 営業日、18 日以内とする。 ) 命令を可決するまでの営業日および訂正票の発行までに 03 営業日。 (2) 異議が受理された突然変異事件の通常の突然変異裁判所における処理の期限は 33 日とする。突然変異申請の受領日から (30) 営業日、命令の可決までに 03 営業日、訂正票の発行に XNUMX 営業日。13. キャンプ裁判所における突然変異事件の処理の期限。 – (1) 異議申し立てが受理されなかった突然変異事件の収容所裁判所での処理期限は、突然変異申立ての受領日から 18 営業日、再審請求の場合は 15 営業日とする。 (03) 異議申し立てが受理された突然変異事件の収容所法廷での処理期限は、2 営業日とする。収容所法廷で突然変異申請書を受領した日から 33 日、命令の可決に 30 営業日、訂正票の発行に 03 営業日が必要です。14. 突然変異申請の処理が遅れた場合に記録される理由。 – 前項に基づいて規定された期限内に突然変異申請が処理されなかった場合、サークル役員は遅延の理由を事件記録のオーダーシートに記録するものとし、これは収集者による精査の対象となります。所定の方法で地区に通知します。15. 廃棄の遅延に対する責任。 – 突然変異症例の処理の遅延に対する責任は、そのような遅延に責任を負う関係当局にあるものとする。16. 民事裁判所の権限を持つ当局。 – 本法に基づき、徴収官、追加徴収官、土地改革副徴収官、およびサークル役員は、証拠の提出、尋問、召喚および出席の強制、宣誓調査、文書の提出の強制において同じ権限を有するものとする。および 1908 年の民事訴訟法に基づいて裁判所に帰属する費用の裁定。17. 裁判費用。 – 本法に基づいて提出されるすべての請願書、控訴覚書、または改正申請書には、所定の額の裁判所手数料印紙を貼付するものとする。18. 認証済みのコピーと情報。 – かかる規則に従い、州政府がそのような手数料を支払うことを条件として、これに代わって、注文書、訂正票、連続カティアンおよびテナント台帳の情報および認証抜粋および認証コピーが随時規定されるものとします。所定の用紙によりお申込みされる方。19. 指揮、管理、監督。 – サークル役員および副コレクター土地改革および追加コレクターは、その職務の遂行および法律に基づく権限の行使において、地区のコレクターの一般的な指示、管理および監督の下に置かれるものとする。20. 困難を取り除く力。 – 州政府は、必要に応じて、本法の規定と矛盾しない命令により、本法を発効させる際に生じる困難を除去するためにあらゆることを行い、またはなすべきことを指示することができる。21. 他の法律に優先しないように行動すること。 – この法律の規定は、現時点で施行されている他の法律に含まれる規定に追加されるものであり、その規定を逸脱するものではありません。22. 規則を制定する政府の権限。 – (1) 州政府は、通知により、本法の目的の全部または一部を実行するために、本法の規定と矛盾しない規則を制定することができる。(2) この条項に基づいて制定されたすべての規則は、速やかに制定されるものとする。可決後、州議会の各院で、14 回または連続 XNUMX 回の会期に含まれる合計 XNUMX 日間の会期中、および会期終了前の場合は同様である。直後の議会でそのように定められた場合、両院が規則を修正することに同意するか、両院が規則を作成すべきではないことに同意した場合、規則はその後、そのような修正された形式でのみ有効になるか、または次の時点で効力を有するものとします。ただし、場合によっては何の効果もありません。そのため、そのような変更または取り消しは、その規則に基づいて以前に行われたものの有効性を損なうことはありません。23. 廃止と貯蓄。 – (1) 1973 年ビハール州テナント保有法 (記録の維持) 法 (28 年ビハール法第 1975 号) は、ここに廃止されます。(2) かかる廃止にもかかわらず、当該法によって、またはそれに基づいて付与された権限の行使で行われたすべての行為または行動は無効となります。ある行為は、本法によって、または本法に基づいて付与された権限の行使によって行われた、または行われたものとみなされ、あたかもそのような事または行為が行われたまたは行われた日に本法が有効であるかのように扱われます。