キーワード : オリッサ州特別調査、特別調査と和解、土地所有者、公認測量士、現代技術、公共団体、休息地、権利記録、修正調査、和解

公開されたビデオ オリッサ・ガゼット 臨時第 32 号、27.1.1959 年 692 月 24.1.1959 日、通知第 XNUMX 号 - 立法 / XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日。オリッサ州における測量、権利記録および決済業務に関する法律を統合および改正する法律。便宜的な場合にはオリッサ州における調査、権利の記録および決済業務に関連する法律を統合および改正すること。この法律は、インド共和国建国 XNUMX 年目にオリッサ州議会によって以下のように制定される。

第 1 章

予備1. 短いタイトル、内容、開始。 – (1) この法律は、1958 年オリッサ調査入植法と呼ばれることもあります。(2) オリッサ州全体に適用されます。(3) この条項は、直ちに発効するものとします。州政府は、次の通知により、 官報、本法の残りの条項の全部または一部が、通知に指定された地域および日付で発効するよう指示します。2. 定義 – この法律では、主題または文脈に何か不快なものがない限り、-

(1) 「農業年」 有効な借家法で指定された年、またはそのような法律が存在しない場合、現地の習慣または使用法に従ってさまざまな地区または地域に関して政府が規定する年を意味します。

[(2) 「決済補佐官」 歳入委員会によって任命された役員を意味します。

(3) 「主任調査官」 政府によって任命された職員を意味し、政府によって任命された追加の主任測量官が含まれる。]

(4) "政府" オリッサ州政府を意味します。

(5) "家主" 直属の者を意味します 【テナントが土地を保有している】 政府も含まれます。

(6) "所定" この法律に基づいて制定された規則によって規定される意味。

[(7) 「権利記録」 この法律に基づいて作成された権利記録を意味します。]

(8) "家賃" テナントが保有する土地の使用または占有を理由に、テナントが地主に対して現金もしくは現物、あるいは一部現金および一部現物で合法的に支払うことができる、または引き渡すことができるものを意味します。また、当分の間有効な法律に基づいて、賃貸料と同様に回収可能な金銭も含まれます。

(9) 「歳入裁判所」 訴訟またはその他の手続きを行うために本法に基づいて管轄権を有する裁判所(民事裁判所を除く)を意味します。

[(10) 「決済担当者」 政府によって任命された職員を意味し、政府によって任命された追加の決済職員を含みます。]

(11) "調査" 境界の決定、測定、記録に付随する操作のすべてまたは一部、または境界の一部が含まれ、再調査が含まれます。

(12) 「調査マーク」 任意の地点の位置やレベルを示す、決定する、または決定を支援するために測量官によって設置、作成、使用、または指定されたマークまたは物体を意味します。

(13) 「調査官」 第 4 条に基づいて調査官に任命された人物を意味します。

[(13-a) "テナント" 他人の所有で土地を所有しており、特別な契約がある場合には、その土地の地代をその人に支払う義務がある人を意味します。

(14) "村" 歳入記録で村として認識されている、または歳入委員会が時々村であると宣言する可能性のある土地を意味します。]

(15) 本法で使用されているが定義されていない用語および表現は、テナント法またはオリッサ州のいずれかの地域で施行されている法律、規則、規制、慣習または用法で割り当てられているのと同じ意味を有するものとします。

第 2 章

Survey3. 調査を命令する権限。 – [(1) 政府、またはその管理下にある政府から権限を与えられた役人または当局は、いつでも通知により、州内の土地またはその境界の測量を命令することができる。(2) 政府は、調査手続きの継続中いつでも当該調査を中止する命令を発する権限を有し、その後そのように命令された場合には、指示された段階から当該手続きを続行するものとする。 3) 政府は、次のような調査を命令する通知を発行することもできます。

(a) 次の要請に応じて –

(i) 地方自治体。または

(ii) 調査費用として政府が指示する金額を支払うことに同意するその他の者。または

(b) 地方地域において、ライヤットの総数の 2 分の 1 以上が調査を申請した場合、政府が指示する費用の支払いに充てるため、その金額を供託または保証する。4. 調査官の任命、権限の委任、調査の方法。 – (1) [歳入委員会] 通知により任意の者を任命することができる [* * *] この法律の目的のすべてまたはいずれかにおいて、測量官となることは、その名前またはその職責によって、役員または個人が測量官となることを意味します。(2) 当局の管理に従うこと。 【歳入委員会】[* * *] 任命されたすべての役員または人物は、地域の限界内で測量士の権限と義務を行使し、遂行するものとします。 【歳入委員会】 監督するかもしれない(3) [* * *](4) 調査は政府が定める方法で実施されるものとする。5. 調査官によって公表される宣言。 – (1) 第 3 条に基づいて測量が命令された場合、測量官は、測量が命令された土地または境界に利害関係を持つすべての人々に、直接または出席するよう求める宣言を所定の方法で発行するものとする。境界を指摘し、それに関連する情報を提供する目的で呼び出された場合、エージェントによって指定された場所で、その後も随時行われます。(2) このような宣言は、関係者に対する有効な通知となります。 – サブセクション (1) に基づいて発行された宣言は、測量が命じられた土地または境界線に利害関係を有するすべての者に対する有効な通知であるとみなされるものとします。6. 測量官は、土地に立ち入り、損害賠償を申し出、境界紛争を解決することができる。 – (1) 第 1 条第 (5) 項に基づく布告の発行後、測量官もしくはその部下、または測量官の権限の下で行動するその他の職員は、測量中の土地に立ち入る権限を有するものとする。かかる土地を調査および測量し、樹木、ジャングル、フェンス、立ち上がった作物、または境界線または他の境界線に対するその他の物質的な障害物を伐採または除去することによって整地し、測量の目的でそれらの整地が必要となる場合があります。(2) 補償。 – 調査官は、サブセクション (1) で述べたように、XNUMX 月の認可によって生じた損失を評価した後、認可された資料の所有者に合理的な補償を提供するものとします。[(3) 測量官は係争中の境界を決定し、記録する権限。 – 第 (2) 項に基づく決定に不服を感じた者は、その決定の日から XNUMX 日以内に所定の当局に上訴することができます。][6A.調査記録草案の作成と予備公開。 – (1) 調査担当者は、以下の内容を含む調査記録草案を作成するものとします。

(a) 測量官の判断で都合のよい縮尺で描かれた地図。そして

(b) 歳入庁が命令により、その代わりに指定するその他の記録。(2) 調査記録草案が作成された場合、調査官は、それを所定の方法および所定の期間公表しなければならない。発行期間中に、その記載事項または記載漏れに対して行われる異議を受け付け、検討するものとします。6B.訴える。 – 控訴命令の日から 6 日以内に控訴が提出された場合、第 XNUMX-A 条に基づいてなされた異議について測量官が可決したすべての命令を主任測量官に提出するものとする。6C。調査記録の最終公表。 – (1) かかる異議および異議申し立てがすべて処理された場合、調査官は最終的に、かかる異議および異議申し立てに対する命令を有効にするために必要なすべての変更を組み込んだ調査記録を作成し、最終的には所定の方法で公表され、その公表は記録が本章に基づいて正式に作成されたことの決定的な証拠となるものとする。(2) 別々の草案と最終記録は、異なる地域またはその一部について公表される場合がある。6D。歳入委員会による改訂。 – 歳入委員会は、いかなる場合でも、次のことを行うことができます。

(a) 第 6-C 項に基づく最終公開日以降の任意の時点での独自の申し立て。または

[(b) 当該日付から 42 年以内に行われた申請に基づき、調査記録またはその一部の修正を指示するが、第 XNUMX 条に基づいて民事裁判所が可決した命令に影響を与えるものではない。ただし、関係当事者が出頭してこの問題について話を聞く合理的な機会が与えられるまで、そのような指示は出されないものとする。][7。調査記録の最終公表は通知予定。 – 調査記録が最終的に公表された後、歳入庁は通知により、当該記録が最終的に公表されたことを宣言するものとし、当該通知は当該公表の決定的な証拠となるものとする。8. 測量標章の管理責任者。 – (1) このために規定される条件を条件として、土地に利害関係を有するすべての人は、その所有権上またはその境界内にある測量標章を維持し、更新し、修繕する義務を負うものとし、またその義務を怠った場合には、収集者は、政府の費用で、かかる測量標章を維持、更新、修復し、その費用を決定して配分し、場合に応じて公的需要または土地収入の滞納としてその費用を回収することができます(2)。 ) 収集者は、測量標章を更新または修復する前に、所定の方法で耕作者またはその他の利害関係者に書面で通知を送達し、その措置を講じる予定の措置を通知するものとします。9. 調査費用の回収。 – (1) 第 3 条第 (3) 項に基づく当事者の申請に基づいて行われた調査に関して命じられる費用の全額または一部は、当事者が負担するものとします。ただし、申請が以下に基づいて行われた場合を除きます。同サブセクションの条項 (b) に基づき、この条項に基づいて回収可能な金額は、申請者を含む現地地域のすべてのライヤットから回収されるものとします。(2) 政府は、そのような費用を評価する方法を規定することができます。そのようにして評価されるコストは、 【土地収入の滞納として回収可能】.10.[* * *]

第 3 章

権利記録11. 権利記録の作成を命令する政府の権限。 – [(1) 政府は、いかなる場合においても、適切と考える場合には、州内のいずれかの地方地域の土地に関して権利記録を作成するよう指示する命令を下すことができる。(2) 政府は、前項に基づいて命令を行うこともできる。

(a) 次の要請に応じて –

(i) 地方自治体、または

(ii) 政府の指示に従って金額を支払うことに同意するその他の者が、権利記録の作成費用を転送する。または

(b) 村内に土地を所有するライヤットの総数の 3 分の XNUMX 以上の要請と、政府が指示する費用の支払いのための金額の寄託に基づく。(XNUMX) 官報 本条に基づく注文は、その注文が正式に行われたことを示す決定的な証拠となるものとします。 [* * * ].[(4) 第(1)項に基づいて命令がなされた場合、決済補佐官は所定の方法で権利記録の作成を開始するものとする。(5) 権利記録は以下で構成されるものとする( a) 所有権の性質と範囲を示すクワット。また、他の賃料受け取り権の詳細も示す場合がある。そして

(b) 規定される詳細を示すハティアン。][(6) 地域に関する権利記録の作成を目的として、その目的に必要と考えられるすべての詳細を可能な限り示す地図を所定の方法で作成するものとする。また、そのように作成された権利記録は、地図と一致するものとする。ただし、作成された地図と、第 XNUMX 章の規定に基づいて事前に作成された測量地図との間に矛盾がある場合には、前者が優先するものとする。12. [権利記録草案の予備公開と異議申し立ての聴聞。 – 権利記録草案が作成された場合、決済補佐官は、それを所定の方法で、所定の期間公表し、その期間中にその記載または脱落に対して行われる異議を受け付け、検討するものとする。掲載期間】[12A.訴える。 – 控訴命令の日から 12 日以内に提出された場合、控訴は、第 XNUMX 条に基づいて決済担当官補から決済担当官またはこれに代わって政府から特に権限を与えられたその他の役人に渡されたすべての命令に対して行われるものとする。12B.権利記録の最終発行。 – (1) かかる異議および控訴がすべて処理された場合、和解担当官補は、かかる異議および控訴に対して発せられた命令を有効にするために必要なすべての変更を組み込んだ権利記録を最終的に作成し、最終的には所定の方法で公表され、そのような公表は、記録が本章に基づいて正式に作成されたことの決定的な証拠となるものとする。(2) 異なる地域またはその一部については、別個の草案と最終記録が公表される場合がある。]13. 最終的な出版に関する推定と権利記録の修正。 – [(1) 本章に基づいて作成され最終的に発行された権利記録、またはその認証謄本もしくは抜粋は、かかる発行の決定的な証拠となるものとする。(2) 政府は、通知により、地方地域の土地に関して宣言することができる。または村では、権利記録が最終的に発行されたことを通知し、その通知はその発行の決定的な証拠となる。](3) そのようにして公開された権利記録のすべての記載事項は、その記載事項で言及されている事項の証拠となるものとし、それが不正確であるという証拠が提供されるまでは、正しいものと推定されるものとする。権利記録が後続の権利記録で変更された場合、後の記載は、証拠によって正しいことが証明されるまで正しいものと推定されますが、前の記載は、当時存在していた事実の証拠として認められるものとします。そのようなエントリが行われた時刻。14.[* * *]15. 歳入委員会による改訂。 – 歳入委員会は、いかなる場合でも次のことを指示することができます。

(a) 自身の申し立てによる、権利記録または権利記録の一部の改訂。 [セクション12-B] ただし、第 2 条に基づいて民事裁判所が可決した命令には影響しません。 【42];

[(b) 第 12-B 条に基づく最終公開日から 42 年以内に行われた申請については、当該 XNUMX 年の期間内かそれ以降であるかにかかわらず、権利記録またはその一部の改訂。第 XNUMX 条に基づいて民事裁判所によって可決された命令:]ただし、関係当事者が出頭してこの問題について話を聞く合理的な機会が与えられるまで、そのような指示は行われないものとします。[16.記録の保守。 – 地図と権利記録を最新の状態に保つために、そのために規定される規則に従って維持されるものとする。]17. 権利記録の作成費用の回収。 – (1) 第 2 条第 (11) 項に基づいて行われた出願またはその部分に基づく権利記録の運用費用は、出願人が負担するものとする。 ただし、出願が以下に基づいて行われた場合を除く。同サブセクションの条項 (b) に基づき、この条項に基づいて回収可能な金額は、申請者を含む村のすべてのライヤットから賄われるものとします。(2) 政府は、そのようなコストを評価する方法を規定することができます。評価された費用は、土地収入の滞納として回収可能です。

第 4 章

家賃の決済18. 家賃の決済。 – (1) 政府はいつでも指示することができる 【決済】 権利記録がすでに最終的に発行されている村または地方地域の土地に関する地代。(2) 政府は、前項に基づいて指示を出すこともできる。

(a) 次の要請に応じて-

(i) 地方自治体。または

(ii) 家賃の清算費用として政府が指示する金額を支払うことに同意するその他の者。または

(b) 政府が指示する費用の支払いのため、地方地域に土地を有するライヤットの総数の 3 分の 2 以上の金額を供託するよう要請した場合。(XNUMX) 第 XNUMX 条 (a) に基づいて支払われるすべての金額第(XNUMX)項の)は、 【土地収入の滞納として回収可能】19. 家賃を決定するための原則。 – [(1) 政府は、政府が通知することができる年を除く過去 XNUMX 年間に、(a) 作物の平均価格を考慮して、農業に使用される土地の公正かつ公平な地代を決定するための原則を定めることができる。 (b) 当該土地で通常栽培されている作物、(c) 土地の状況および土壌の性質。そして

(d) 州内の他の場所で同様の品質と生産性を有する土地で評価された最高地代。]説明。 – このサブセクションの目的のために –

(a) 農業には、作物/牧草や園芸作物の栽培、園芸、牧草地や森林としての土地の使用、あるいは居住目的以外の農業に付随するその他の目的での土地の使用が含まれます。

(b) テナントの耕作可能な荒地は、農業に使用される土地とみなされるものとする。そして

(c) 前項で言及された土地、または農業に付随する目的に使用される土地で栽培されていた可能性のある作物は、その土地で通常栽培されている作物とみなされるものとする。 (2) 政府は、州の都市部および農村部にあるあらゆる種類の自家農園を含む、農業以外の目的で使用される土地の公正かつ公平な地代を決定するための原則を、次の点を考慮して規定することができる。

(a) 土地の状況。

(b) 使用目的。

(c) コミュニケーションおよびマーケティング施設。そして

(d) 土地の市場価格。(3) そのようにして決定された地代は、その土地に対して支払うべき地代とみなされます。 ただし、政府が課す可能性のある条件、公正な減免または控除を課すことができる場合に限ります。公共の性質を持つ宗教または慈善団体が所有し、教育、健康、文化、美術、スポーツ、または社会福祉のための競技の促進に利用される土地に関して、そのように定められた公平な地代。(4) 規定本条の内容は、現時点で有効な法律、慣習、または契約の内容にかかわらず、効力を有するものとします。20. 【家賃の確定方法。 – 第 18 条に基づいて命令がなされた場合、決済補佐官は所定の方法で公正かつ公平な家賃を決定するものとする。]21. 居住地家賃ロールの予備発行と修正。 – [(1) 支払家賃が確定した場合、決済担当官補は、規定の詳細を記載した決済家賃ロールを作成し、所定の方法で所定の期間発行するものとし、また、所定の方法で所定の期間発行するものとする。 (2) 決済担当官補は、自らの申し立てにより、または被害を受けた当事者の申請により、決済家賃ロールが提出される前であればいつでも異議を申し立てることができます。第 22 条に基づいて決済担当官に提出し、そこに入力された家賃を修正する。ただし、関係当事者が出頭して事情聴取を行う合理的な機会が与えられるまで、そのような修正は行われないものとする。]22. [清算された家賃の制裁と異議申し立てに基づいて可決された命令の変更。 – (1) かかる異議がすべて処理された場合、決済担当官補は、提案の根拠の完全な陳述と、異議があれば受け取った異議の概要を記載した和解家賃記録を決済担当官に提出するものとします。 (2) 決済担当官は次のことを行うものとします。

(a) 彼自身の動議。または

(b) 第 1 条第 (21) 項に基づく優先異議に関する命令から 3 日以内の申請に応じて、当該命令を修正する権限を有する。(4) 和解担当官は、修正の有無にかかわらず、当該ロールを認可することができる。 (2) 合理的な機会が得られるまで、第 (3) 項、または場合によっては第 (XNUMX) 項に基づいて修正または修正または改訂を行うことはできません。関係者には、この問題について出廷し、話を聞くよう与えられた。][23.決済された賃料を権利記録に組み込み、最終的に公表します。 – (1) 決済家賃ロールの認可後、決済担当官補は決済家賃を権利記録に組み込み、当該記録および地図があれば修正または変更を加え、新たな記録を作成するものとします。所定の方法で最終的に発行される権利記録のコピー。(2) かかる発行は、家賃が本章に基づいて正式に決済されたことの決定的な証拠となるものとし、そのように発行された権利記録は、権利記録の写しであるものとみなされます。セクション 12-B に基づいて公開される権利記録]24.[* * *]25. 歳入委員会による改訂。 – 歳入委員会は、いかなる場合でも –

(a) に基づく最終公表日以降の任意の時点での独自の申し立て 【セクション23】、または

[(ロ)当該日から1年以内に申請された場合] そのようにして解決された家賃の修正を指示すること。ただし、第 42 条に基づいて民事裁判所が可決した命令に影響を与えるものではない。ただし、関係当事者が出頭して審理を受ける合理的な機会が与えられるまで、そのような指示は行われないものとする。問題。26.[* * *]27. 決済された賃料の正当性に関する推定。 – 各条の規定に従う [25と42];セクションに基づいて決済されたすべての家賃 [20、21、22] そして最終的に権利記録に組み込まれる [第 23 条に基づいて公開] は、正しく決済されたものとみなされ、本法の意味の範囲内で公正かつ公平な家賃とみなされるものとします。28. 決済された家賃が発効する日。 – 家賃が決済されたとき [* * *] 本章に基づき、制裁日の翌年の農年度の初めから発効するものとする。 [* * *] 下 【サブセクション(3)】 ただし、政府はかかる和解が発効するより早い日付を定めることができ、その日付は第 22 条に基づく通知日よりも前であってはなりません。

第 5 章

管轄区域と手続き29. [裁判所の管轄権。 – (1) 本法の規定のいずれかに基づく申請、控訴、または改正を審理するすべての当局は、歳入裁判所として審理するものとする。(2) 第 3 条、第 11 条、第第 18 条または第 36 条 いかなる裁判所も、法律に定められた条項を決定または決定するための事項に関していかなる申請または訴訟も受理することはできず、かかる事項に関するすべての手続きはその日付で保留されており、そのような命令は最終決定まで保留されるものとする。場合に応じて、セクション 6-C、12-B、または 23 に基づく記録の公開](3) [* * *]30. 本法に基づく手続きへの 1908 年民事訴訟法の適用。 – 政府は、時折、本法と一致する規則を制定し、1908 年民事訴訟法のいかなる規定も、本法に基づく申請、控訴、その他の歳入裁判所または特定の種類の訴訟には適用されないことを宣言することができる。かかる申請、異議申し立ては、規則で指定された変更および追加を条件として適用されるものとします。31. 徴収人および歳入委員会が業務に異議を申し立てる権限。 – (1) 【決済担当者】 書面による命令により、本法に基づいて認められるビジネスに適合すると思われる方法で異議を申し立てることができます。 【決済担当官補】 そして同様の命令により、彼はその前に係属中の訴訟を取り下げることができる。 [役員] そして、それを自分で処分するか、書面による命令によって他の業者に処分を委託することになります。 【決済担当官補】,[(2) 前述の権限は、本法に基づいて認識されるすべての業務に関連して、次の者によって行使されるものとする。(a) 地方徴収官およびその下位の役員に関しては最高測量官。そして

(b) 決済担当官、主任調査官および地区徴収官に関する歳入委員会。]32. 歳入職員の手続きを要求し修正する権限。 – 歳入委員会は、あらゆる訴訟手続きの記録を要求することができます [任意の役員] 当該役員が、法律によってその者に付与されていない管轄権を行使したと思われる場合、またはその付与された管轄権を行使しなかったと思われる場合、またはその管轄権の行使中に法に影響を与える明示的な法律の規定に違反したと思われる場合には、その決定に対して控訴することはできない。かかる違反が重大な誤審を引き起こした場合、本案に関する決定を下すものとし、歳入委員会は当事者が出席した場合には聴聞を行った後、適切と判断した命令を可決するものとする。33. 権限の委任。 – 政府は通知により、歳入委員会の権限を次の者に委任することができる。 [決済担当官以上の役人].34. アプリケーションの制限。 – 次の次のセクションの規定に従うことを条件として、提出されたすべての控訴およびそれに指定された制限期間の後に行われた申請は、抗弁として制限が設定されていない場合でも、却下されるものとします。35. 1908 年のインド制限法の適用。 – 本法の規定を条件として、第 9 条、第 1908 条、第 6 条、第 7 条、第 8 条および第 9 条を除く 19 年インド制限法第 20 条の規定は、第 34 条に記載されているすべての控訴および申請に適用されるものとする。

第 6 章

その他36. 同時進行。 – [(1) 第 II 章、III および IV の規定にかかわらず、政府は、(a) 権利記録の調査および作成、(b) 権利記録の作成および家賃の決済。または (c) 調査、権利記録の作成および地代の決済は、いかなる地域に関しても同時に実行され、かかる命令がなされた場合には、本法の規定がかかる変更を伴う当該手続きに適用されるものとする。 (2) 前サブセクションの条項 (a) または (c) に基づいて同時手続きが命じられた場合、決済担当官補および決済担当官は、それぞれ調査官および主任のすべての権限を行使するものとする。調査官。]37. 村の境界線の画定。 – [(1) この法律に基づく測量および権利記録の作成を目的とした村の境界画定においては、村の外側の境界内に含まれる区域は、可能な限り、村の境界として保存されなければならない。 (2) 村ではない地域については、前述の単位は首長の指示に従うものとする。測量官または決済官。(3) 村を構成する土地区画を宣言する際に従うべき手順は、規定されるものとする。]38. 【過去の記録の検証と家賃の精算。 – (1) 当分の間、いずれかの法律の規定に基づいて本法の施行日前に、調査、権利記録の作成、または家賃の決済に関する手続きの過程で公開されたすべての記録および維持されているすべての記録法的強制力を持つ慣習、または政府の命令に基づいて施行されている慣習は、場合に応じて第 6 条 C、第 12 条 B、第 23 条または第 16 条に基づいて最終的に公表または維持されたものとみなされ、すべての賃貸料が決済されるものとします。前述の法律、慣習または命令に基づく当該日付以前の合意は、本法に基づいて解決されたものとみなされるものとする。(2) 本法のその他の規定は、以下のとおりとする。 準用 かかるすべての記録および決済された賃貸料に適用されます。説明。 – 第 6D 条の適用のために、最終発行日の第 15 条、第 25 条および第 42 条は、1965 年オリッサ州測量および決済(修正)法の開始日とみなされるものとします。(3)前述のサブセクションでは、いかなる手続きも維持できないものとします。(a) オリッサ州の調査および決済の開始日より前に記録またはその記載事項または家賃の決済が行われていた場合、セクション 6-D、15 または 25 に基づき (a)修正) 1965 年法、(i) 歳入委員会による修正の対象となる。または (ii) 作成後、法律または政府の命令に従って当局によってさらに検討される。または (iii) 民事裁判所による決定に従う。または

(b) その問題が以前に民事裁判所で提起された訴訟で争われていた場合は、第 42 条に基づく。]39.[* * *]40. 本法に基づいて行われる行為の保護。 – 本法または本法に基づいて制定された命令規則に基づいて誠実に行われた、または行われると称する行為に対して、いかなる訴訟またはその他の法的手続きも、いかなる人に対しても提起されないものとします。41. 算術ミスの修正。 – [決算担当官、最高調査責任者、または歳入委員会から特別な権限を与えられたその他の役員] これに代わって、申請または自らの申し立てにより、地図、計画、または権利記録における事務的または算術的な誤り、または偶然の誤りまたは省略から生じる誤りを修正することができます。ただし、そのような修正は行わないものとします。関係当事者に合理的な通知が与えられない限り、これは行われません。42. 民事裁判所の管轄権の制限。 – [(1) 本法に基づく調査、権利記録の作成、家賃の決済を指示する命令、あるいは本法に基づく記録の出版、署名、認証、またはただし、第 6 条に従って最終的に第 12-C 条、23-B 条または第 36 条に基づいて公表された記録への記入または脱落によって不利益を被った者は、かかる公表日から 2 年以内に訴訟を起こすことができる。 (XNUMX) 当該裁判所は、最終命令を下した場合には、その旨を地区の徴収人に通知するものとし、当該裁判所の命令を有効にするために必要な変更はすべて変更されるものとする。前述のように公開された記録に記載されています。]43. ルールを作る力。 – (1) 政府は、以前の刊行物を経て、本法の規定を実施する目的で規則を制定することができる。(2) 特に、前述の権限の一般性を損なうことなく、政府は規則を制定することができる。

(i) 従うべき手続きを規制すること [さまざまな役員と当局] 法律によって、または法律に基づいて課せられた義務の履行または権限の行使において、またかかる規則によって当該役員に付与される可能性のある権限の行使

(a) 訴訟の審理において民事裁判所が行使する権限。

(b) あらゆる土地に立ち入り、その土地を測量し、境界を定め、地図を作成する権限 [* * *]、および

(c) 土壌の能力を推定する目的で、あらゆる土地で作物を刈り、打ち砕き、農産物の重量を量る権限。

(ii) この法律または他の法律で形式または様式が規定されていない場合、本法に基づいて発行される通知の使用される形式および送達の形式を規定すること。

(iii) 従うべき手続きについて [申請および控訴の審理において] この法律に基づく。

(iv) この法律の目的のために支払われる料金、費用、料金について [7 年法廷費用法第 1870 号の規定にかかわらず。]

(V) [* * *]

(VI) [* * *]

(vii) [* * *]

(viii) [* * *]44. 議会の前に定められる規則。 – [第 43 条に基づいて制定されたすべての規則は、制定後できるだけ早く、XNUMX つまたは複数の会期に含まれる合計 XNUMX 日間、州議会に提出されるものとする。立法府はそれに何らかの修正を加えるが、その後、規則はそのような修正された形でのみ効力を有するものとし、そのため、そのような修正は規則に基づいて以前になされたものの有効性を損なうことはない。]45. 廃止する。 – この法律はいかなる地域でも発効する日から、当該地域に関して以下に挙げる法律は廃止されるものとする。

(a) 本法の規定に反する範囲で、合併領域のいずれかで施行されている法律。そして

(b) スケジュールの第 2 列に指定された制定法を、その第 3 列に指定された範囲まで適用する。46. 廃止の効果。 – (1) 本法に含まれるいかなる規定も、第 45 条および第 XNUMX 条および第 [かかるすべての手続きは、当該制定法または法律に基づく最終的な記録公表の段階まで継続されるものとする](2) 疑念を取り除くために、別表に指定された法律に基づいて継続または完了したかどうかにかかわらず、調査、権利の記録および家賃の決済に関連するすべての手続きの費用を実現する政府の権利をここに宣言します。この法律の内容にもかかわらず、影響を受けないものとします。[46A.中央州法に基づく決済担当官の権限は、本法に基づいて任命された役員によって行使されます。 – 以下に述べる中部州法の規定にかかわらず、本法に基づいて任命された決済担当官および決済担当官補は、それぞれ次の権限を行使し、次の職務を遂行するものとする。(a) 中部州土地歳入法に基づく最高決済担当官および決済担当官18 年法律第 1981 号、および 11 年中央州借地法第 1898 号、および

(b) 2 年の中部州土地歳入法 1917 および 1 年の中部州借地法 1920 に基づく決済担当官および決済担当官補]47. 困難を取り除く力。 – 本法の規定を実施する際に何らかの困難が生じた場合、政府は必要に応じて、困難を取り除くために必要と思われるあらゆる措置を講じることができる。

スケジュール

制定の廃止

[見る セクション45]

1875 年の V…ベンガル測量法全体
1923 年の VIII…マドラス測量および境界法全体
1908年の私…マドラス不動産土地法。第 XI 章と第 XII 章。他の章の規定は、本法の規定に反する場合に限ります。
1913 年の II…オリッサ州借地法第 XI 章と第 XII 章。他の章の規定は、本法の規定に反している場合に限ります。
1929 年の VI…CP決済法その規定がこの法律に反している限り。
1898 年の XI…CPTenancy法その規定がこの法律に反している限り。
1920年の私…CPTenancy法その規定がこの法律に反している限り。
1881 年の XVIII…CPLand歳入法その規定がこの法律に反している限り。
1917 年の II…CPLand歳入法その規定がこの法律に反している限り。
【1920年の私…ビハール州およびオリッサ州市測量法全体]

1962 年オリッサ州測量および決済 (修正) 法

オリッサ州 7 年第 1962 法38. 節約。 – (1) 主要法の規定にかかわらず、権利記録の作成または家賃の決済に関する手続きに従って、同法の発効前に最終的に発行または再発行された記録に関して提出されたすべての控訴。この法律の発効日までの間は、管轄権を有する決済担当官に移送され、当該決済担当官は主法の規定に従って当該決済担当官を処分し、その後、決済担当官補は上記の記録に次のような変更を行うものとする。 (2) 調査に関するすべての手続きは、主法第 36 条に基づいて命じられた権利記録の作成および家賃の決済に関する同時手続きと並行して行われるものとする。調査、権利記録の作成および和解の実施について、本法により改正された同法に基づいて命令がなされたのと同じように、同法の規定に従って完全かつ効果的に行われた手続きとみなされます。家賃の同時進行。

1965 年オリッサ州測量および決済 (修正) 法

オリッサ州 9 年第 1965 法5. 経過規定と検証。 – (1) 本法により改正された本法第 38 条に規定されている記録またはその記載事項の修正または家賃の修正手続きが歳入庁に係属中である場合は、本法に基づく手続きとみなされます。 (2) 本法の開始日前に、第(1)項に規定する性質の手続の修正を指示する歳入庁によってなされた命令は、有効になされたものとみなされ、完全かつ有効に効力を有するものとする。あたかも、税務署が重要な日付において、主要法に基づいてそのような命令を下す権限を与えられているかのようだ。

1975 年オリッサ州測量および決済 (修正) 法

オリッサ州 21 年第 1975 法5. 節約。 – 本法により改正された主要法に含まれる内容にかかわらず、最終公告の関連日が法改正の開始前に発生した場合、主要法に基づく歳入庁への改正申請書の提示の制限期間は、この法律の施行日から 2 年を経過すること。

1975 年オリッサ州調査および決済 (修正および検証) 法

オリッサ州 51 年第 1975 法3. 検証。 – 裁判所の判決、法令または命令の内容にかかわらず、本法の施行前に非農業目的で使用される土地に関して主要法に基づいて決済された地代は、有効に決済されたものとみなされます。本法により改正された主法に基づき、かかる賃料の解決において従った原則が主法によって規定されなかった、または主法に基づいて規定されなかったという理由だけで、いかなる裁判所でもかかる和解または家賃が問われる責任は負わないものとする。

1998 年オリッサ州調査および決済 (修正および検証) 法

オリッサ州 13 年第 1998 法3. 検証。 – これに反して、主要法、または裁判所の判決、法令または命令にかかわらず、1976 年のオリッサ州調査および和解(修正)規則(以下、修正規則といいます)は、主要法第 43 条に基づいて作成され、公表されます。 21474 年 23 月 1976 日付 SRO No. 344/76 としてのオリッサ州歳入局 No. 44-R によるオリッサ州政府の通知に基づき、かかる公布の日から有効であるものとみなされます。本法第 2 条により改正された主法第 44 条は、規則がそのように作成され公表され、主法第 XNUMX 条に従ってオリッサ州立法議会に提出されたすべての重要な時点で施行されていました。それに応じて :

(a) 修正規定による修正に従った賃料の確定、査定および実現を含む、行われたすべての行為または行われた、または行われたとされる物事は、有効に行われたまたは行われたものとみなされます。そして

(b) 第 44 条で要求されている合計 2 日間の改正規則が議会に提出される前に改正規則が発効しなかったことのみを理由として、いかなる訴訟またはその他の手続きも裁判所で提起され、維持され、または継続されないものとする。この法律の第 XNUMX 節の開始前に存在した主要法の規定。